2005年11月16日 (水)

こんにちはiアプリ!

BREWアプリの基本的な開発手順は分かったので、次はiアプリに挑戦してみた。こちらはJavaで作成することになる。Javaやるのはおよそ1年ぶりだ。Javaで開発と言えばJava SDKだが、携帯特有の機能(GPSとかカメラとか)をサポートするため、ドコモの場合はDoJaというプロファイルが必要らしい(auのEZアプリやVodafoneのVアプリもiアプリと同じJavaだけど、それぞれのキャリアに対応したプロファイルがある)。なので、iアプリの開発にはJava2SE SDKとDoJaプロファイルが最低限必要です。さらにエディタとして、eclipseがあると便利ですね。

作成するクラスのスーパークラスがIApplicationだったり、スタートアップメソッドがstart()だったりするのはiアプリの特徴ですが、それ以外は特に違和感を感じないでコーディングできました。「HelloWorld!」もすぐにでき、iアプリとASP.NETの連携もオッケー。Java開発の経験があればiアプリは取っ付きやすいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)